レッドマンとわたくし(1)

 円谷プロYoutube公式チャンネルでみんなだいすきレッドマンの配信がはじまりましたよ! いてもたってもいられない! レッドマンだいすき~~!! わ~~い!

 


『レッドマン』 第1話 -ダークロン登場-

 

 冒頭のレッドマンの勇姿! カッコイイ~!!!!

 おのれの力を見せつけるレッドマン。やみくもにレッドナイフを木に向かって切りつけたり、レッドナイフで山火事を起こしたりします。

 これが若さですよ! 地球人である我々には、宇宙人の外見から年齢を予想することができませんが、おそらくレッドマンは若い。若さをもてあましています。円谷作品でいえば、ジャンボーグAのナオキに近いんじゃないでしょうか。ただレッドマンでは内面描写がないですから、こっち側で読み取っていくしかありません。すみません言い過ぎました。

 

 なぜレッドマンは地球へきたのでしょうか。たぶん、母性であるレッド星でなにかやらかしたんでしょう。おそらくレッド高校の番長格であったレッドマンはライバル高校にリンチを食らった仲間の復讐のために単身乗り込み抜群の殺傷戦闘能力で相手側を全滅させるも、暴力の責任をひとりで背負わされ……みたいなのがあったんですよ。

 そのために、地球の怪獣を殲滅するまでレッド星の敷居をまたぐことは許さんと言われ地球に来たものの、理不尽な思いと若い魂がやみくもな暴力へと駆り立てているのかもしれません。地球の怪獣からしてみればたまったもんじゃありませんが……。

 

 そんなレッドマンの身の上に思いを馳せたところで、ダークロン登場です。

 主役より高い位置であらわれる怪獣! 普通のヒーロー番組にたいするアンチテーゼですよこれは!

 

 崖から岩! この「落ちる岩」というモチーフは今後重要になってきますので、みなさん覚えておいてください。たぶん忘れちゃうんで。

 取っ組み合いの最中、手前に木が映りこむところがにくいですね。隠し撮り感! 「本来見ちゃいけないものを見ている」という胸のドキドキとまらない! (たぶん加齢のせい)

 

 謎なのは、ダークロンを地面に倒してから、前転して飛び越えるような感じの技です。頭突き? セントーン? ご存知のかたがいらしたら教えていただきたいと思います。

 この技がおそらく不発に終わったために、マウントを取られピンチにおちいるわけですね。

 ダークロンの猛攻! レッドマンしのいで巴投げ! フラついて立ち上がるところを見逃さずジャンピングレッドチョップ! さすがレッドマンちょっとしたスキも見逃さない。当たってない気もしますが、これはその~アレですわ、気功的なアレですわ。

 そこから欽ちゃんキックからの左ミドル。ここでダークロンは死亡ですね。グッタリと倒れたところでも明らかです。

 

 さて。

 このあとレッドマンはやおらレッドアローを取り出し、それまで戦っていたダークロンを忘れたかのように走り出し、そのへんの土くれに向かって投擲します。

 このシーンはいったいなんなんでしょう?

 これは最初のやみくもに暴れまわるシーンの続きと考えるのがよいのではないかと思います。

 エピソード冒頭でカッコよくキメてるところを撮らせていた(撮影フィルムが、後々レッド星へ提出する怪獣殲滅の証拠映像になるわけです)レッドマンですが途中でダークロンがやってきたため、キメポーズ撮影を中断してブッ殺したあと、いそいそとキメポーズ撮影に戻ったわけです。なにせ2分半ほどしか彼には時間がないのです。

 というわけで、本来レッドマンの勇姿や必殺技を映すだけのはずだった第1話の撮影のあいだにダークロンが割り込んだのでブッ殺された、という解釈が自然と考えます。レッドマンなりに撮影プランがあったはずですが、それを邪魔されて必要以上に殺気立っていたのかもしれません。

 

 レッドアローをもって走るレッドマンを見るたび頭の中に「ブッ殺した! 怪獣ブッ殺したわ~! うっひょ~~! た~~ンのしィィィィィ!! レッドアロー!!!」みたいなセリフが脳内に浮かびます。やっぱりレッドマン若い。